2016年09月25日

マスコミによるアニメ批判について思うこと

2014-09-06 06.08.33.jpeg

確かに事件につながる可能性は否定できないかもしれません。

でも、事件を起こしてしまうようなアニメオタクは非常に無責任だと思います。

だってアニメの存続に悪影響だからです。

でも、そんな、趣味ばかりに没頭して犯罪まで起こせるひとって、なんだか恵まれてて幸せ者ですね。。

普通、まともな社会構成において、自分の好きなこと、やりたいことばっかりまわりを巻き込ん手で、悪影響を与えてしまったら、正直大迷惑だし、社会の均衡がくずれてしまうと、一気に崩れかねないし、守ろうとしても犠牲をともなう。

でもこういった現象はなにもアニメに限ったことではないとおもう。

昔、外国で、かの有名な「罪と罰」という小説に衝撃を受けたらしい人物が国の重要人物を暗殺した史実などもある。

ひとの価値観などは様々だけど、それでも調和をはからないと、たいへんなことになりそうで、すごく怖い。

しかし、日本のアニメは日本が世界に通用する数少ないものだと思っている。

いまの私にとっては、アニメは娯楽ではなく、教科書のようなものです。
アニメから学べることはたいへん多く深い。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!




posted by mig. at 01:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント